幻生社とは

幻生社はコンピューター・グラフィックス(以下CG)によるアニメーションを制作する会社です。

 

私たちは、アニメーション分野におけるCGの活用にいち早く注目し、1992年より日本テレビを拠点として、手描きアニメーションへのCG応用と、フルCGアニメーションの制作に取り組んできました。1993年には日本初の3DCGアニメーション番組(30分×4本)を世に送り出し、その後も劇場用映画やテレビシリーズなど、CGアニメーションのパイオニアとして実績を積み重ねています。

 

2005年に、主要メンバーがスピンアウトして幻生社を設立し、フル3D・キーフレームアニメーション制作を行うCGアニメスタジオとして新たなスタートを切りました。これからも、日本における3Dアニメーションという新しい映像ジャンルの中核を担い、映像文化の発展に貢献していきたいと考えています。

genseisha4